トルティーヤ!?
スペイン料理のお店にもメキシコ料理のお店にもあるけど、同じもの?違うもの?
同じ呼び名の「トルティーヤ」
あなたは、こんがらがっていませんか?


若い頃、私が知っていたのは、
スペインのトルティーヤでした。
「メキシコにもトルティーヤがあるんだ!?」
と知ったのは、その後、海外赴任でメキシコへ行ってからだったのです。


スペイン料理のトルティーヤと、
メキシコ料理のトルティーヤ、
私はどっちも大好きです(#^^#)
2つのトルティーヤについて、じっくりとお話ししますね!


現地での体験談や画像もお楽しみにね♪
どうぞ最後までお付き合いください!


スポンサーリンク

スペインのトルティーヤとメキシコのトルティーヤの違い

スペイン料理、メキシコ料理レストランのメニューには、必ずと言っていいほど、「トルティーヤ」があります。
あなたは、戸惑ったことはありませんか?
一緒に見比べると、全く違ったものなのに、呼び名は同じ。。
これでは、こんがらがるのも仕方ありませんよね(^^;


(左がスペインのトルティージャ、右がメキシコのトルティージャです。たまたま、一緒に作ったときの写真です。)
img_3670


スペインのトルティーヤと、
メキシコのトルティーヤは別物!
ということを踏まえて、詳しく見ていきましょう。

スペインのトルティーヤとは?

まずは、スペインのトルティーヤからです!

スペインのトルティーヤ→少し厚めの丸いオムレツ



簡単に言うとこうなります。↑

さらに分かりやすく言うと→丸いフライパンで焼いた卵焼き



内容は?
→じゃがいもと卵から作られるものが一般的です。


味は?
→オリーブオイルの風味が特徴で、じゃがいもがたっぷり入った、日本人好みの素朴な味の卵焼きです。


いつ食べるもの?
→いつ?とは決まってなく、いつでもOKです。


どこで食べることが出来る?
→大体どこにでも置いてあります。
レストラン、バル(居酒屋)、家庭


と、スペインのトルティーヤはこんな食べ物です。


img_0318

メキシコのトルティーヤとは?

次は、メキシコのトルティーヤです!

メキシコのトルティーヤ→主にトウモロコシの粉から作られた円形の薄いパン

さらに分かりやすく言うと→丸いぺっちゃんこのパン



内容は?
→トウモロコシの粉、または小麦粉を練った薄い生地をフライパンで焼いたものです。


味は?
→トウモロコシの粉からできているものは、少し癖のある味(カビ臭い)で、日本人は好き嫌いが分かれるところかもしれません。
小麦粉から作られているものは、癖もなく、日本人には馴染みのある味です。


いつ食べるもの?
→毎日食べます。日本で言うと、ご飯です。


どこで食べることが出来る?
→どこでも食べられます。必ずと言っていいほど、どこにでも置いてあります。


と、メキシコのトルティーヤはこんな食べ物です。


img_0473

どうして同じ呼び名なの?

スペインのトルティーヤと、
メキシコのトルティーヤ、
違う食べ物だけど、共通点がありそうですね。


そうです!勘のいいあなたはお気づきですね!
見た目が丸いということです!
これが、同じ呼び名の由縁なのです。


その昔、メキシコはスペインの植民地でした。
長い間スペインに支配されていたため、
スペインの文化が色濃く残っています。


逆に、スペイン人はメキシコのものを持ち帰りました。
その中の1つが、トルティーヤだと言われています。
メキシコのトルティーヤがスペインのオムレツと似ていたため、スペインのオムレツをトルティーヤと呼ぶようになったそうです。
(呼び方だけを真似したようですね!)

トルティーヤorトルティージャ

スペインとメキシコの言語はスペイン語です。
トルティーヤをスペイン語で表すと→tortilla
と同じなのですが、場所によっては発音が違うのです。

スペイン→トルティーヤ

メキシコ→トルティージャ

と発音することが多いです。
どちらで発音しても間違いではないので、参考までに!

スポンサーリンク

本場で食べたトルティージャ

食べることが大好きな私が、本場のトルティージャ情報をお伝えしますよ(#^^#)
ココからいきなりトルティージャに変わりましたが、気にしないでね!
(トルティージャの方がいい慣れているので。)

スペインで食べたトルティージャ

日本では、スペイン風オムレツやスペインオムレツと呼ばれていますね。
色々な野菜、ベーコンやひき肉などを入れた、具だくさんのオムレツ!
と、結婚当初は、それを信じてよく作っていましたよ!


ところが、、、違ったのです!
私が作っているものとは、全く違ったのです!


ショッキング&衝撃的な事件Σ(゚д゚lll)ガーン


それからは本物トルティージャの虜になりました( *´艸`)


本場の伝統的なトルティージャは、じゃがいもと卵だけなのです!!
オリーブオイルをたっぷりと使い、ほくほくの甘みのあるじゃがいもが卵に溶け込んで、塩味だけでも充分美味しい!!
もちろん、他の具材を入れたトルティージャもあるけど、シンプルなものが殆どです。


(スペインの市場で食べたトルティージャは、フォークに刺さっています。)
img_3560


(ホテルの朝食では、一口サイズにカットされています。)
img_3488


(マドリードのバル(居酒屋)では、焼きたてがドーンとそのまま出てきて、素朴な味わい。)
img_3590


スペインでは、どこのお店でも置いてあるし、どの家庭でも作ります。
それぞれの味があり、毎日食べても飽きない♪
日本で例えるなら、豆腐のお味噌汁!?
(ちょっと違う?(^^;)


とにかく大好きなトルティージャ!
スペイン人直伝の本場トルティージャを、
我が家でも何十回と作り、定番メニュー(#^^#)
レッスンでも教えましたよ♪


(これは私が作ったトルティージャです。)

img_3667


何かあると、(何もなくても(^^;)トルティージャを作ります。
img_3268


近頃は、日本のスペイン料理レストランでも、美味しいトルティージャが食べられるようになりました。
行かれた時は、ぜひ、じゃがいもだけのトルティージャを味わってみてくださいね(^^)

メキシコで食べたトルティージャ

10年以上前の事、メキシコに住み始めてから、初めて知ったトルティージャ。
私にとって、メキシコのトルティージャは、今でも特別な食べ物です。


トルティージャは、メキシコにはなくてはならない食べ物、主食になります。
日本で言うと、ご飯なのです。


そして、メキシコと言えば、タコスですよね。
トルティージャに好きなものを包んで食べる!
それがタコスなのです!
それに欠かせないのが、辛いサルサ!
(サルサとはスペイン語でソースの意味です。)
トルティージャなくして、タコスはありえないのです!


(メキシコのレストランで、ちょっとおしゃれなタコスです。)
img_0091


トルティージャには、トウモロコシの粉から作られるものと、小麦粉から作られるものがあります。
日本に売っているものは、主に小麦粉のほうですね。
トウモロコシの粉からできたトルティージャは、独特の風味があります。
よく、カビ臭い、と例えられますが、慣れると癖になる味わい。
私は、断然!トウモロコシ派です(#^^#)


(これは私が作ったトルティージャ&サルサです。)
img_0510


(レッスンで教えたメニューです。)
img_0525


メキシコでは、レストランに行くと、注文しなくても、だいたいトルティージャが出てきます。
焼きたてのものが、乾燥しないように布にくるまれて、ホカホカの状態で出てくるんです(#^^#)
おかわりもできるんですよ!
トルティージャをそのままくるっと巻いて食べたり、野菜や肉、サルサをくるんで食べたり、好きなように食べればいいのです♪


(これは、メキシコのレストランで出されたトルティージャです。)
img_0114


とっても美味しいので、食べ過ぎ注意ですよ!
そうそう、メキシコでは、ダイエットと言えば、トルティージャ抜きなんですよ。
日本の、ご飯抜きダイエットと同じ感覚ですね(#^^#)


トルティージャのことを語ると延々と続きそうなので。。。(^^;
この辺にしときますね!

おわりに

いかがでしたか?
スペインとメキシコのトルティージャの違いは、
お分かりいただけたでしょうか?


もし、あなたが、誰かと一緒にトルティージャを召し上がる機会があれば、堂々と説明してあげてくださいね(^_-)-☆
お食事がより一層、美味しく、楽しくなること間違いなしです♪

最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク