「ラザニアを下茹でしなくても大丈夫なのですか?」
「だって、ラザニアを茹でるのって、やっかいでしょ!?」


私の教室では、ラザニア生地は茹でないタイプを使います。


ラザニアメニューのレッスンの時、茹でないタイプのラザニア生地を使ったんです。すると、生徒さんたちは皆驚くのです(゚д゚)!


生徒さんたちのお悩みは、
「ラザニアが上手く茹でられない~」
「茹でるとくっつくんです~」
「だからラザニアが上手く作れないんです。。」
「でも、ラザニアを作りたいんです!」


分かります! こんがり焼けたラザニアがど~ん!とテーブルに出てきた瞬間、わぁ~!!と歓声が上がるんですよね~♪


これはレッスンで作ったラザニアです♪
img_1766


ラザニアって、見た目も響きも素敵だもの( *´艸`) 一度は作ってみたいわよね(^^) でも…、ハードル高いわよね…(-_-;)


あなたもそんなイメージを持っていませんか? これを最後までご覧になっていただければ、イメージも変わるかもしれませんよ(#^^#)


ラザニアの生地を茹でないって超楽ちん♪
楽ちんで簡単な上に、豪華で美味しい(#^^#) なんて、最高だと思いませんか?


茹でないタイプのラザニアを美味しく作るコツ! 詳しく説明します♪
ぜひ最後までお付き合いくださいね(#^^#)


茹でないラザニアを美味しく上手に作るコツ

私が初めてラザニアを作ったのは、何十年前…?だったかな(^^; 忘れちゃいましたけど、茹でるタイプのラザニアでした。ラザニアは茹でるもの、だと思ってたんですよね。


でもね、茹でなくてもいいラザニアに出会ってからは断然、茹でない派♪ 茹でないタイプって、本当に楽ちん♪ で、ほぼ失敗もしないの。だから、誰だって上手に出来るんですよね~♪


と、前置きが長すぎましたが本題に入りますね(^^;


茹でないラザニアを上手に作るコツ4つ

  1. 購入したラザニアの使用方法を見て説明通りに
  2. ソースの量は程よく
  3. ラザニアを重ねていくときは均一に丁寧に
  4. 一番上は特に丁寧に



では一つ一つ詳しく見ていきましょう。

1.購入したラザニアの使用方法を見て説明通りに

まずはこれなんですが、当たり前すぎてコツと言えるのかどうかは…(^^;


でもね、茹でないタイプのラザニアを初めて使うときって、本当にこれでいいのかな?って心配になっちゃうんですよね。私はそうでしたよ(^^;


いくら説明に書いてあっても、これでいいのかな?って疑っちゃうんですよね(^^; だって、簡単すぎるから。


でも、説明書通りにしてくださいね。やっぱり間違いありません。


茹でないタイプのラザニアを販売しているメーカーは、いくつかあると思います。だから、この方法で!とは言えないので、書いてある説明書をよく読んで使ってね。


これは、いつも私が使っているラザニアです。イタリアの「Barilla」というものです。美味しいですよ♪
img_5938


20㎝×20㎝の容器にちょうど2枚並びます。合計6枚使ってラザニアを作ります。
img_5939


お店で見つけられない場合は、通販をチェックしてみてくださいね↓



そして肝心なラザニアを焼くときの容器なんですが、もしお持ちでなければ参考にしてみてくださいね。ガラスの耐熱容器はラザニア以外にも使えて便利ですよ♪(これでティラミスを作ったりもします)↓ ↓ ↓


2.ソースの量は程よく

ラザニアは、ホワイトソースとミートソースを重ねていくのですが、ソースの量にもコツがあります。少なすぎても、多すぎても上手くいかないのです。


ソースの量が少ないということは、水分が少ないということで、ラザニアの生地が上手く焼けないのです。逆に多すぎると、ラザニアの生地が柔らかくなりすぎて、美味しくない(-_-;)ということになるのですね。


では、どれくらいがいいの? と聞かれると、、、ちょうどよいくらいがいいのです(^^; 詳しい分量は「ラザニアの作り方」で説明しますね。


私が使っている上記のラザニアに記載されている注意事項です。

本品は吸水性が高いため、ゆでなくても作ることができます。但し、ソースは上記のレシピを参考に、通常より水分量を多めにしてご準備ください。料理本や自家製のソースは水分量が少ないため、焼き上がりがかたくなることがありますので、ソースには20%ほど水を加えて使用してください。

3.ラザニアを重ねていくときは均一に丁寧に

ラザニアは何層かに重ねて組み立てていきます。そのとき、ソースを同じ分量で、均一に広げていくことが大切です。


これもやっぱり、ラザニアの生地の火通りに影響するし、食べるときもソースの量にむらがあると、美味しくなかったりするんですよね。ちょっとの事なんだけど、ちょっとの事が影響してくるんですね。

4.一番上は特に丁寧に

ラザニアを組み立てたときの一番上の部分、ソースが足りなかった~なんてことはありませんか?


一番上は直接火があたるところです。ソースはしっかり塗ってくださいね。チーズもたっぷりとね(#^^#)


ラザニアが焼けて、オーブンから取り出す瞬間! 一番ワクワクしますよね(#^^#) きれいに焼けたラザニアは、一番上が決め手ですよ!一番上は丁寧に美しく仕上げましょうね♪

大人気!私のレッスンメニューの「ラザニアの作り方」を画像付きで大公開!

このラザニアは、私のレッスンで教えた大人気メニューなんですよ(#^^#) 「今まで食べたラザニアの中で一番おいしい!」と言ってくれた生徒さんもたくさんいます。


あなたもぜひ、作ってみてくださいね(^^) 私の自慢のラザニアのご紹介です♪


あ、その前に…。このラザニアのための、ホワイトソースミートソースの作り方は、別の記事でご紹介をしているんです。だから、ここでは省略させていただきますねm(__)m



材料~4人分~(20㎝×20㎝)

  • ラザニア(茹でないタイプ)  6枚
  • ピザ用チーズ         100g
  • パン粉            適量
  • イタリアンパセリ(お好みで) 適量
  • ホワイトソース        別記事参照
  • ミートソース         別記事参照



下準備



作り方

  1. オーブン耐熱容器に、お玉で軽く2杯分のホワイトソースを広げる。
  2. img_5075

  3. 1の上に、1/4量のミートソースを広げる。
  4. img_5076

  5. 2の上にラザニアを2枚並べる。
  6. img_5077

  7. 3の上に同じようにホワイトソースを広げる。
  8. img_5078

  9. 4の上に同じようにミートソースを広げる。
  10. img_5079

  11. 5の上に同じようにラザニアを2枚並べる。
  12. 6の上にまた、ホワイトソース→ミートソース→ラザニアの順に置く。
  13. 7の上に残りのホワイトソース→ミートソースを広げる。
  14. img_5080

  15. 8の上にチーズを広げる。
  16. img_5081

  17. 9の上にパン粉を散らす。
  18. img_5082

  19. 200℃に予熱したオーブンで20分~25分焼く。
  20. すぐに取り出しお好みでパセリを散らす。
  21. img_5086


美味しく作るために注意すること

茹でないタイプのラザニアは、オーブンでの加熱時間を守らなければなりませんこのレシピでは、200℃で20分~25分加熱しましたが、あなたが使うラザニアの説明書通りにしてくださいね。


そして、オーブンによっても焼き加減は変わるので、3~5分前後は気を付けて見てくださいね。良い焼き色がついたらすぐに取り出してください。


ソースの量は大体均等にしましょうね。ホワイトソースとミートソースは4回使うので、4等分にしておくと、作業が早くて確実です。


ミートソースはフライパンの中で4等分にしておきます。
img_5072


ホワイトソースはお玉で軽く2杯分です。まんべんなく、なるべく均一に広げます。


最後の層は、ラザニア→ホワイトソース→ミートソースの上にチーズを広げてくださいね。分量にはチーズ100gと書きましたが、お好きであれば増やしても美味しく出来ますよ♪


我が家はいつもチーズ多めです(#^^#) 数種類のチーズを贅沢にたっぷり使うと、身も心もとろけちゃうくらい美味しくなりますよ( *´艸`)


チーズの上のパン粉はなくてもかまいませんが、あると、食感も良く、見た目も美味しそうになります。我が家では、グラタンの時にもパン粉は外せません(^^)

味のこと

私のレシピはどちらかというと薄味です。特に、ホワイトソースは薄味に感じると思います。ミートソースも調味料は少なめです。それは、煮込むと味が濃くなるため、少なめにしているのです。


どちらのソースもラザニア用に考えたレシピなので、味を控え目にしています。


全部が組み合わさってラザニアという味になる。だから、それぞれが主張しすぎてもダメなんですね。どれかが目立ちすぎてもダメなのです。


そうして出来上がったラザニアは、とても美味しいです(#^^#) 飽きずにたくさん食べられます♪ 冷めても、翌日でも美味しいのですよ♪でも、できればレンジかオーブントースターなどで温めるとよりGood!


見た目も、味にもこだわった、自慢のラザニアです(#^^#) あなたにもぜひ食べていただきたいと思い、レシピを詳しく説明しました。


美味しいラザニアを召し上がってくださいね。
img_1766


切り分けても形がきれいだと評判なんですよ♪
img_1785

おわりに

いかがでしたか?
要点をもう一度まとめてみましょう。


茹でないタイプのラザニアを上手に作るコツ4つ

  1. 購入したラザニアの使用方法を見て説明通りに
  2. ソースの量は程よく
  3. ラザニアを重ねていくときは均一に丁寧に
  4. 一番上は特に丁寧に



茹でないタイプのラザニアの扱い方が分かれば、こっちを使うほうが、楽に簡単に失敗なく作れますね♪ 私は毎回これで失敗なし(#^^#) 我が子にも伝授したので、作ってもらうこともあります♪


もちろんどちらを使ってもいいんですよ。でも、ラザニアの生地を茹でない分、ソース作りに力を入れられますもんね(#^^#)


茹でないラザニアを知ってから、ラザニアが身近な食べ物になったんです。普段の食卓にも登場するし、おもてなしにも最高の一品! 皆が喜んでくれること間違いありません(^^)


ラザニアをマスターして、家族や友人とホームパーティーなんて素敵ですね(*´▽`*) おもてなしにピッタリな、ラザニアに合う献立を別記事で詳しくご紹介しています♪ ぜひ参考になさってください(#^^#)
↓ ↓ ↓




ぜひあなたの食卓にもラザニアを(#^^#)


最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m