子供が小さかった頃、夏になると、トマトに砂糖をまぶしてキンキンに冷やしたものを、デザートとして食べさせていました。子供たちはそれが大好きで、大きくなった今でもトマト好きなんです♪





一年中店頭に並んでいるトマトは、夏が近づくとどんどん安くなり、しかも美味しそう~♪ 真っ赤に熟れたトマトに惹かれて、ついつい沢山買っちゃうんですよね…(^^;


早く使わないと腐っちゃうし…どうしよう…。と私のように悩んではいませんか?


安心してください(#^^#) トマトは冷凍保存できるんです!


トマトには目がない私は、とっても気になっちゃいます。で、色々調べて冷凍してみたんです♪


うん、やってみると実に簡単! そして便利! お料理が楽々できちゃうのヾ(*´∀`*)ノ さらに嬉しいことには、旨味だってUPしちゃうんだとか♪


というわけで今回は、私がやっている「トマトの冷凍保存方法」を詳しくお伝えしますね。後半はそれを使った「スピード料理」もご紹介します。


この方法を知れば、「いつの間にか腐らせちゃった~(´;ω;`)ウッ…」という心配もナシ♪ お料理の幅も広がるし、効率もUP♪ 美味しく食べられる技をたっぷりお伝えします。


どうぞ最後までご覧になってくださいね(#^^#)

トマトの冷凍保存方法は?

トマトを冷凍する前に、押さえておきたいポイントがあります。美味しく上手に冷凍するためのコツなので、まずはそれを見てみましょう♪


冷凍前の準備

  • きれいに洗って、水分を拭き取りましょう
  • ヘタの部分は取り除きましょう
  • ほどよく熟れたものがオススメです






トマトは、冷凍すると追熟がすすまなくなるので、熟れたものを冷凍するほうがいいですね。ただし、熟れすぎて腐りかけのものは避けましょう。黒ずんでいたり、ぶよぶよしているものは注意が必要です。

美味しく冷凍保存するには?

では、さっそく冷凍してみましょう。「真っ赤に熟れたトマト、どんなお料理に使おうかしら~♪」なんて想像しながら冷凍すると、ワクワクしちゃいますよね(*´▽`*)


冷凍保存方法

  • 洗ってヘタを取ったトマトを丸ごとラップで包みます
  • 冷凍用保存袋に入れます
  • 洗ってヘタを取ったトマトを、角切りにして、冷凍用保存袋に入れます



冷凍保存期間

  • 目安は1か月間←冷凍した日付を記入しておきましょうね!



調理方法

  • 火を通す場合は凍ったまま調理します
  • 火を通さない場合は自然解凍で調理します



熱を加えて調理する場合は、凍ったままの状態で大丈夫です。生で召し上がったりドレッシングに使う場合は、自然解凍をしてから調理してくださいね。


生の場合でもスムージーにする場合は、凍ったままミキサーで撹拌するといいですよ♪


では、画像付きでもう一度説明しますね。


洗ってヘタを取ったトマトを丸ごとラップで包み、冷凍用保存袋に入れます。



洗ってヘタを取ったトマトを、角切りにして、冷凍用保存袋に入れます。




上手く出来ましたか? とっても簡単ですよね(#^^#) 丸ごとのままと、カットしたものがあれば、お料理によって使い分けられて便利ですよ。


それぞれを使ったレシピは、後ほどご紹介しますのでお楽しみにね(^_-)-☆

調理後のトマトも冷凍できる?

火を通した調理後のトマトだって、もちろん冷凍できます。 その場合は、フレッシュなものをたっぷり使って、トマトソースにして冷凍すると、とても便利です。


オリーブオイルでニンニクとカットしたトマトを、ソース状になるまでじっくりと炒めます。冷めたものを冷凍用保存袋か、冷凍用のタッパなどの容器に入れて、冷凍します。


冷凍保存期間は、約1か月間です。解凍方法は、電子レンジで加熱解凍、または、鍋やフライパンで加熱解凍をします。電子レンジで解凍する場合は、加熱しすぎると袋が破れる場合があるので、注意してくださいね。


缶詰のソースではなく、生のトマトからの手作りソースは絶品です! これが冷凍庫にあるとお料理がサッと出来て、しかも美味しいのです♪ 時間のある時には、調理後のトマトの冷凍もオススメです。


では次に、冷凍トマトと冷凍しない場合のトマトを比べてみましょう。

冷凍しない場合のトマトと比べてみると

上記でも説明した通り、冷凍した場合のトマトの保存期間は約1か月間です。


それに対して、冷凍しない場合のトマトの保存期間は約10日間です。あくまでも目安で、トマトの状態や保存の仕方によっては変わってきます。


夏場だと傷むのも早いんですよね…(-_-;)


味や食感を比べてみると、火を通さず生で食べる場合は、食感は変わってきます。冷凍したトマトを、サラダなんかに入れて生で食べようとしても、美味しくありません(-_-;)


残念ながら、あのみずみずしいプリッとした感じはなくなっちゃいます。サラダとしてトマトを召し上がる場合は、冷凍しない新鮮なトマトをオススメします。


煮込んだり炒めたりして火を通したものは、冷凍のトマトもそうでないものも味や食感の違いは感じません。


冷凍することで繊維が壊され、火の通りや味が馴染むのが早いので、スープやソースなど火を通して調理する場合は、冷凍したトマトはとても便利です。


火を通す場合は、冷凍トマトがオススメです♪ トマトのパスタが簡単に作れちゃいます(#^^#)

一口メモ

トマトを丸ごと冷凍すると皮むきが簡単に出来ちゃうんです!


通常トマトの皮をむくときは、沸いたお湯の中にトマトを入れ、冷水につけて皮をむく方法、湯むきをします。これって、ちょっと面倒なんですよね(^^;


それがなんと、丸ごと冷凍トマトだと簡単に出来ちゃうんです!


冷凍したトマトを水で流して指でこするだけで、スルッとむけちゃいます。

あっという間です! これはスゴイ! 超便利~ヾ(*´∀`*)ノ クセになっちゃいます♪



次に、より美味しく長持ちさせるために、トマトの上手な選び方をお伝えしますね。

トマトの上手な選び方

ヘタやガクは濃い緑色で、張りがあり、ずっしりと重いものを選びましょう。薄く白い筋が入っているものは、糖度が高く甘味があります。最近では、糖度を表示しているものもよく見かけます。


新鮮で美味しそうなトマトは、そのまま生でがぶりと食べたいですね♪ ということで、冷蔵保存の仕方もお伝えしますね。

おまけ情報

冷蔵庫で保存する場合

1個ずつラップで包み、ヘタの部分を下にして保存袋に入れます。保存期間は約10日間です。




では最後に、この冷凍トマトを使ったスピード料理、簡単なレシピをご紹介しますね。もう少しだけお付き合いください(#^^#)

冷凍トマトでスピード料理

トマトの冷凍保存なんて今まで考えなかったけど、意外にも簡単でとても便利。お料理が短時間で出来ちゃうし、レパートリーも広がるの♪


今回ご紹介するレシピは、角切りトマトの冷凍と丸ごとトマトの冷凍を使った2品です。まずは、角切りトマトの冷凍からどうぞ♪

夏野菜たっぷりラタトゥイユ
夏野菜をたっぷり使ったラタトゥイユは、シンプルな味付けでいくらでも食べられちゃう、フランス生まれのヘルシーな野菜の煮込み料理です。冷凍した野菜を使うので、簡単に出来ちゃいます♪



材料

  • 角切り冷凍トマト・・・2~3個分
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 人参…1本
  • なす・・・2本
  • ズッキーニ・・・1本
  • パプリカ・・・1個
  • かぼちゃ・・・1/8切れ
  • ニンニク・・・1かけ
  • ローリエ・・・1枚
  • 塩・・・小さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ4






作り方

  1. 鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りのニンニクを香りが立つまで弱火で炒める。
  2. 冷凍のトマトを入れ炒め、食べやすい大きさに切った、残りの野菜も加え炒める。
  3. 塩、ローリエも加え、ふたをして野菜が柔らかくなるまで弱火~中火でじっくりと煮込む。



鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りのニンニクを香りが立つまで弱火で炒める。



冷凍のトマトを入れ炒め、食べやすい大きさに切った、残りの野菜も加え炒める。




塩、ローリエも加え、ふたをして野菜が柔らかくなるまで弱火~中火でじっくりと煮込む。




たっぷりの野菜が身体にしみていく感じ~♡ キレイになれそう(´艸`*) 冷たくしても美味しいんですよ~♪



次は、丸ごと冷凍トマトを使ったレシピです♪

丸ごとトマトの炊き込みご飯
丸ごと冷凍トマトをポンと入れて炊くだけの簡単レシピ♪ トマトの旨みが凝縮された炊き込みご飯は、クセになる美味しさです(#^^#)



材料

  • 丸ごと冷凍トマト・・・1個
  • お米・・・2合
  • ダシ昆布・・・10㎝
  • 酒・・・大さじ1
  • 白だし・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1






作り方

  1. 丸ごと冷凍トマトを水で流しながら皮をむく。
  2. 炊飯器に洗った米と分量の水、調味料を入れ混ぜ、トマトを置いて炊く。
  3. 炊きあがったらダシ昆布を取り除き、トマトを潰しながら混ぜる。



丸ごと冷凍トマトを水で流しながら皮をむく。



炊飯器に洗った米と分量の水、調味料を入れ混ぜ、トマトを置いて炊く。




炊きあがったらダシ昆布を取り除き、トマトを潰しながら混ぜる。



薬味を添えると風味豊かになり、さらに美味しさUP♪ おにぎりにしてもGood!



冷凍トマトならではの便利さと手軽さ♪ トマトの炊き込みご飯には、お好みで他の具材を加えても美味しく出来ますよ(#^^#)

私のオススメは冷凍きのこです♪ きのこ類は冷凍すると旨味がUPするといわれている食材。きのこの冷凍の仕方については別記事で詳しくお伝えしています。ぜひチェックしてみてください♪


きのこをたくさん食べて、美しく健康になりましょうね(^_-)-☆

きのこの冷凍保存方法が知りたい!6種類丸ごと詳しくコツを伝授


おわりに

いかがでしたか?
「トマトの冷凍保存方法」と、それを使った簡単なレシピのご紹介をしました。もう一度まとめてみますね。


冷凍保存方法

  • 洗ってヘタを取ったトマトを丸ごとラップで包みます
  • 冷凍用保存袋に入れます
  • 洗ってヘタを取ったトマトを、角切りにして、冷凍用保存袋に入れます



冷凍保存期間

  • 目安は1か月間←冷凍した日付を記入しておきましょうね!



調理方法

  • 火を通す場合は凍ったまま調理します
  • 火を通さない場合は自然解凍で調理します



これまではトマトを冷凍するなんてことはなく、冷蔵庫の中で腐らせてしまっていたんですよね(^^; でもこの冷凍方法を知ってからは、そんなこともなく、お料理の幅も広がりました♪


火を通して使う冷凍トマトは、本当に便利で手軽! しかも美味しいのです(#^^#) 一番気に入ってるところは、トマトの皮がスルッとむけるところ(*´▽`*) ホント、クセになっちゃいます(笑)


美味しい新鮮なトマトが手に入ったときは、まずはそのまま生で召し上がって、残ったり使い切れなければ、冷凍保存がオススメです♪


最後までお付き合いいただきありがとうございました(#^^#)