トントントン♪ 包丁の軽快なリズムと、良い香りを放つ木のまな板。私は、そんな木のまな板が大好きで、ず~っと愛用しています(*´▽`*)





「木のまな板って、扱い方が難しそう~! お手入れだって大変じゃないの?」 そんなイメージがありますよね。


でも、ズボラな私はほったらかし…(^^; お手入れといっても、普通に洗うだけ。


そうするといつの間にか黒ずんで、カビが生えて、真っ黒…。気付けばもう使えない…(-“-) そして新しいものに取り換える。そんなことを繰り返していたのです(^^;


そして、3年前に木のまな板を買い替えたとき、職人さんからお手入れ方法を教えてもらったんですよね。それが意外にも簡単だったので、「そんなんでいいの?」と半信半疑で実践してきました。


だけど、驚くことに3年経った今でも、きれいな状態が続いているのです。これまでの経験からだとありえません(^^;


というわけで今回は、ズボラな私にもできる、

  • 毎日の簡単なお手入れ方法
  • 黒ずみ・カビができてしまったときの対処方法

について、職人さんから教えてもらったことを元に、詳しくお伝えしていきますね。


そしてなんとおまけに、「私のまな板・ビフォー&アフター」も公開しちゃいますよ(^^;


木のまな板のお手入れ方法に困っている方、お手入れ方法が難しそうで、木のまな板の購入を迷っている方のお役に立ちますように!


どうぞ最後までご覧になってくださいね(#^^#)


スポンサーリンク

木のまな板のお手入れ方法

木のまな板のお手入れ方法って、難しそうなイメージがあるけど、意外に簡単なのです。ちょっとしたコツで、黒ずみやカビを防ぐことができ、長年使うことができるんですよ♪


木のまな板を清潔に保つために最も大切なことは、よく乾かす! ということです。


この点を踏まえて、私がまな板を買ったときに、職人さんから教えてもらった「お手入れの仕方」をお伝えしますね。さっそく一緒に見ていきましょう!

毎日の簡単お手入れで黒ずみ・カビを防ぐ

まずは、毎日のお手入れ方法からです。

  • たわしを使って水洗いをする
  • 粗塩か重曹を使う
  • 食器洗い用洗剤を使う
  • 水分を拭き取ってからよく乾かす



それぞれ詳しく説明しますね。その前に、大事なポイントをお伝えしておきます。木のまな板を長持ちさせるためには、とても大切な事なので覚えておきましょう!

重要ポイント!
まな板を使うときは、必ず水で濡らしましょう


乾いたままのまな板で包丁を使うと、滑りが悪く切りにくいため、まな板を傷めてしまうことになります。


つまりは、まな板を水でコーティングすることにより、キズが付きにくくなり、雑菌の侵入も防げるというわけです。



では、説明していきますね。

たわしを使って水洗いをする

野菜などを切った後は、たわしを使って軽くゴシゴシ。そして水で洗い流しましょう。


「えっ!? それだけ?」と、私も思いましたよ(^^;


木のまな板には、なるべく洗剤は使わない方がいいらしいのです。野菜や果物など、油分の少ないものを切った後は、水洗いでOKです。


簡単ですよね! なので、使った後はその都度すぐに洗ってくださいね。そうすると汚れも簡単に落ちるので、洗うのも凄く楽になります♪

粗塩か重曹を使う

塩には殺菌・消臭効果があります。重曹はそれに加え、油汚れを落としてくれる強い味方。なのですが、ちょっと注意が必要です。

重曹を使う注意点

「重曹が何にでも良い」といわけではなく、木製のものに使うと、黒くなる(変色する)場合があるようです。重曹を使う場合は、長時間の使用は控えて、すぐに水で洗い流してくださいね。


変色が心配な方は、重曹は避けた方が良いと思います。私は今回初めて、重曹を使ってまな板を洗ってみました。その結果は後ほどご紹介しますね。



肉や魚などの臭いが気になるものや、油分の多いものなどを切った後は、塩か重曹を振って、たわしでゴシゴシ洗います。


このときに気を付けたいことは、必ず水で洗い流すということです。


いきなりお湯で洗うと、肉や魚のタンパク質が固まり、まな板に付着して、雑菌が繁殖する原因になってしまうからです。


熱湯消毒する場合も、まずは必ず水で洗ってからにしてくださいね。

食器洗い用洗剤を使う

肉や魚を切った後、「塩や重曹だけではちょっと気になるわ~」というあなた! いつも使っている食器用洗剤で洗っても大丈夫ですよ。


実は私も、洗剤で洗っています(^^; ただし、洗剤は控えめで、泡がすっかりなくなるまで、しっかりと洗い流しています。


職人さんも「食器用中性洗剤ならよい。」とおっしゃっていましたので…。

水分を拭き取ってからよく乾かす

まな板を洗った後は、必ず水分を拭き取りましょう! そして、通気の良い場所に立てかけたりして、しっかりと乾かしましょう!


立てかけるときは、木の目が縦になるようにして、まな板の面が密着しないように、必ずスタンドに立ててくださいね。そうしないと、密着した面からあっという間に黒ずんできちゃいます(-_-;)


もしお持ちでないなら、通販をチェックしてみてくださいね。つり下げタイプや包丁も立てられるなど、種類が多くて、ビックリしちゃいました(゚д゚)!



うん。最初にもお伝えしましたが、黒ずみやカビを防ぐためには、よく乾かす! これが一番大切なことですね。


洗うたびにサッと拭けるように、まな板用の布巾を用意して置いておくといいです。


私は、これだけは必ずやっているんですよね。だからなのか、3年経った今でも、カビは見当たりません(#^^#)


いつもそばには、まな板専用の布巾を置いています♪



では次に、黒ずみやカビが生えてしまったときの、対処法をお伝えしますね。

黒ずみ・カビができてしまったときの対処法

一番困ること、最も厄介なことはコレですね!


使い始めの木のまな板は、とっても良い香りで美しく、テンションが上がります♪ 眺めていても飽きないんですよね~(えっ、私だけ?)

なのに、いつの間にか見えない角なんかが黒くなり、次第に黒いのが増えていき、気付けばカビが生えているではありませんか! ちょっと洗ったくらいでは落ちないんですよね…(-_-;)


そこで、黒ずみ・カビができてしまったときの対処法はこちらです↓

  • 粗塩・重曹を使う
  • 粉クレンザーを使う
  • サンドペーパーやヤスリで削る



それぞれ詳しく説明します。では、もう少しお付き合いくださいね。

粗塩・重曹を使う

黒ずんでしまったら、塩や重曹を擦り込んでたわしでゴシゴシ洗ってください。上記の注意点でも言いましたが、重曹を使うときはサッと短時間で洗いましょうね。


塩を使う場合も、長時間の放置は避けてくださいね。いずれにせよ、水に濡らしっぱなしの状態が良くないということです。一番大事なことは乾燥でしたね(#^^#)

粉クレンザーを使う

私はクレンザーは使わないのですが、これは使用してもよいそうです。洗い方はこれまでと同じで、たわしを使ってゴシゴシ。そして水でよく洗い流して、しっかり拭いてよく乾かす!


クレンザーや食器洗い用の洗剤は使ってもいいんだけど、ダメなものがあるんですよね。それは、プラスチック製のまな板には常識的に使われる、漂白剤です。

使えないもの

プラスチック製のまな板は、漂白剤を使って殺菌をします。これは、木のまな板には使えません。殺菌消毒をする場合は、水で洗った後に、熱湯をかけてくださいね。


そして、食洗機も避けましょう。急激な温度変化と乾燥による反りや割れの原因となるんです。


サンドペーパーやヤスリで削る

粗塩や重曹、クレンザーなどで黒ずみを落としたら、サンドペーパーやヤスリで削る。こうして平らにならすとイイそうです♪ 私はやったことはないんですけど…(^^;


カンナで削るという手もあるそうですが、一般家庭にカンナがあるのかな? 私は持っていません(^^;


そんな時は、まな板を買ったメーカーで、削り直しをしてくれるところもあるようです。使う頻度にもよるけど、2~3年に一度は削り直しをした方がいいそうですよ。


私もそろそろお願いしようかな(#^^#)


あ、ちなみにこんなグッズを見つけちゃいました♪



これならクレンザーを使わず、簡単に黒ずみを削ることができそうですね。


では次に、重曹を使って、私のまな板を洗ってみたので、どうなったのかお見せしますね♪

スポンサーリンク

私のまな板・ビフォー&アフター

私が今使っているまな板は、防カビ・抗菌作用に優れた青森ヒバのまな板。とってもお気に入りで、使い始めて3年が経過しました。特別なお手入れはしていないんだけど、洗った後はその都度布巾で拭いて立てかけています。


それだけで、今までにはないようなきれいな状態が保てているんです(#^^#)


とはいえ、毎日のように使っていると、だいぶ傷や汚れも増えてきましたよ(^^;


最近、鶏の照り焼きを作ったときに、うっかり、水で濡らさず乾いたまな板に置いて切ってしまったんです。そしたら、なんと、油染みができてしまい、落ちないんです…(-“-)


というわけで、重曹を使って何とかしようと、がんばってみました!


ゴシゴシする前のまな板です↓くっきりとシミになっています



重曹とたわしを準備!



重曹を振りかけてゴシゴシ♪



水でよ~く流して♪



すぐに布巾で拭いて乾かしますよ~



洗う前のまな板↓



洗った後のまな板↓



やった~ヾ(*´∀`*)ノ かなり薄くなってる~♪


では、他の箇所でも比べてみますね。


ビフォー:角が黒くなってるんですよね~(>_<)



アフター:何となく薄くなった?ような…



ビフォー:反対側も!



アフター:明らかに薄くなってる♪



ビフォー:最後に上からも



アフター:黒い点々が薄くなってる!



と、長々とお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m


ここ1ヶ月くらい気になっていたんですよね。あの油染みが…。もっと早くこれをしていたらよかったのかも。イヤイヤ…まな板を水で濡らして使えばよかったんですね(^^;


どうぞ、こんなことにならないように気を付けてくださいね(^_-)-☆

おわりに

いかがでしたか?
職人さんから教えてもらった、「木のまな板のお手入れ方法」をお伝えしました。もう一度まとめてみましょう!


毎日の簡単お手入れ方法↓

  • たわしを使って水洗いをする
  • 粗塩か重曹を使う
  • 食器洗い用洗剤を使う
  • 水分を拭き取ってからよく乾かす



黒ずみ・カビができてしまったときの対処法↓

  • 粗塩・重曹を使う
  • 粉クレンザーを使う
  • サンドペーパーやヤスリを使う



注意点↓

  • まな板を使う前は必ず水で濡らす
  • 洗った後はすぐに水を拭き取り、よく乾かす
  • 漂白剤は使わない
  • 食洗機には入れない



木のまな板って、天然の素材から作られているので、とても繊細なんですね。でも、そんなに神経質になることはありません。


使う前は、水で濡らして、使った後は、よく乾かす!これさえ守れば、黒ずみやカビも怖くありません♪


今回私は、ゴシゴシ磨いて、キレイになってくれたまな板に、ますます愛着がわいてきました♡ ぬくもりのある優しい木のまな板、これからも、ず~っと大切に仲良く使っていきます(*´▽`*)


最後までお付き合いいただきありがとうございました(#^^#)

スポンサーリンク