メキシコの家って、鉄格子だらけや~!やっぱ、治安悪いんやな~
と、メキシコ生活を始める前に、家探しに行った夫。


ブラジルからの異動で、次はメキシコ生活が始まろうとしている。その前にまずは住むところ、家探しをしなければならないのでした。


img_3042


私たち家族は、16年前にメキシコに5年間駐在していたんです。その間にも、メキシコ国内を異動、また家探し…(*_*) と、家探しのエキスパート!? とまでは言いませんが(^^;


家を探す時の大事なポイントが分かってきました。
家探しって、本当に大変!
日本とは全く事情が異なりますからね(^^;
何をどう決めていいのか…(?_?) 生活が始まる前に疲れ果ててしまいます。。


メキシコでの家探しに困っているあなたに、この記事が少しでもお役に立てると嬉しいです(#^^#)


前半は、「家探しのポイント3つ
後半は、「家探しの体験談」
をお話ししますね(^^)
どうぞ最後までご覧になってください!


メキシコ駐在生活のための家探し!ポイント3つ

メキシコ、と一言で言っても場所によって様々な違いがあります。だから、場所が変わると、家賃の相場や家の様式も変わってくるんですね。





ココでお伝えしたいことは、駐在員の方が、メキシコで生活しやすくするための、家探しのポイントです。仲介業者の方と一緒に探すことになると思いますが、その時の大事なポイントをお伝えしますね。


メキシコでの家探し!大事なポイント3つ!

  1. セキュリティーがしっかりしている。
  2. 生活環境が便利な場所。
  3. 会社、学校に行きやすい場所。

1.セキュリティーがしっかりしている

メキシコは、とにかく治安が悪いのです(-“-)
兎にも角にも安全第一!
セキュリティーがしっかりしているところ!!
これが一番大事です!!
とは言っても、これがなかなか大変です…。


富裕層向けの高級マンションには、たいてい警備員がいます。一戸建ての場合は、高級戸建ての住宅地区だと、その敷地の出入り口には警備員がいます。

仲介業者の方が紹介してくれる家は、必ず警備員がいるところです。(もしそうでなければ、その業者はやめたほうがいいです(^^;)



警備員がいるにはいるんだけど、役に立たない場合もあるんですよね。簡単に誰でも通しちゃったり、警備していなかったり、不在だったり…。本当に困ったもんです(-_-;)

セキュリティーがしっかりしているとは?




セキュリティーがしっかりしているって、どういうことなの?


メキシコは治安が悪いのに、セキュリティーが甘いところがあるのです(-“-) だから、治安が悪化するんですよね…。


セキュリティー面の大事なポイント!

  • 24時間常に警備員がいるかどうか。
  • 門がしっかりと閉まっていて、簡単に出入りできないかどうか。
  • 敷地が広すぎると警備が甘い、警備が行き届かないので、要チェック!

2.生活環境が便利な場所

どこに住んでも、生活環境が便利な場所というのは、重要なポイントだと思います。メキシコの場合は、日本で考えるような便利な場所とは、少し違ってきます。


まず、比較的安全と言われる地区に住むこと、を前提にお話ししますね。


歩いて行ける距離に買い物が出来るところがあるかどうか。という事は、とても重要です。


メキシコシティに住む場合、日系企業は、車の運転を禁止しているところが多いようです。だから、自由に車での移動が出来ないんですね。会社によっては、運転手さんを付けてくれる場合もありますが、毎日ってわけにもいかないだろうし…。

となると、移動手段はタクシーか徒歩になるのです。しかし、バス、地下鉄は、非常に危険なので乗らない方がいいですね。タクシーを使う場合も、流しのタクシーは使わないようにしてくださいね。



となると、やっぱり徒歩が確実です。確実な徒歩も安全とは言えないので、家から遠くない距離を歩くほうがいいですね。


メキシコシティ以外の場所に住む場合は、車がないと不便な場所が多いので、運転される方も多いでしょう。(私も運転していましたよ)そうなると、移動手段は車なので便利なのですが、注意しなければならないことがあります。


それは、交通マナーが非常に悪い!という事で、いくらこっちが注意しも、交通事故に巻き込まれる可能性があります。


車での遠出は危険が多いんですよね~(-_-;) だから、近い距離に買い物できる場所がある、ということは大事ですね。

近くにあると便利なお店

近くにあると便利なお店というのは、人によっても違ってくるかもしれません。


3人の子供を育てながらの、主婦としての私のオススメはこちらです!

  • 日用品から食料品が揃っているスーパーマーケット
  • 日本食材店←これは外せませんね!
  • 色々なお店が入っているモールがあると超便利ですね!
  • メルカド(市場)←私の中では一番かも(^^)





3.会社、学校に行きやすい場所

毎日のお仕事、学校に行きやすい場所も大事なポイントです。特に、学校通いのお子さんがいらっしゃれば、重要なポイントになってきます。


img_3046


日本のように、徒歩通学、自転車通学、電車、バス通学、ということは、まずありえません。子供だけで外を出歩くことは、絶対ありえないし、してはならないことなのです!(誘拐事件も非常に多いんですよね…)


よって、通学手段は、スクールバスか自家用車という事になります。


通学がスクールバスの場合は、バスルート内で家を探すことが必須条件になってきます。しかし、バスルート内であっても、学校と家との距離が遠いと、大変なんですよ。


バス運転手はメキシコ人で運転は荒い。そのうえ、交通マナーの悪いメキシコでは、渋滞はするし、事故も多いし、車の故障も多いし…というわけで、学校と家はなるべく近いほうが安心です(^^)


自家用車の場合も、できるだけ近い場所がいいですね。


img_0084


朝のラッシュは渋滞して大変です。学校に着くまでに、時間がかかってしまいます。帰りのお迎えは、車で混雑して、駐車する場所がないのです。だから、早めに行って駐車スペースを確保する必要があります。そのため、学校と家が近いと便利ということなのです(^^)



5年間のメキシコ駐在

私たち家族は、メキシコで5年間生活しました。当時3人の子供は、2歳、4歳、6歳という大変な時期でしたよ~(@_@)


ブラジルのサンパウロから引っ越すことになり、家探し。そして、メキシコ国内でも異動があり引っ越し&家探し。その時の体験談をお話ししますね(#^^#)

家探しの体験談

メキシコ赴任が決まり、夫は下見兼出張のため、初めてメキシコへ行ったのです。場所は、首都のメキシコシティではなく、プエブラというという町で、メキシコでは第4の都市、観光地として知られています。


そのプエブラには、日系企業は2社しかなかったのですΣ(゚Д゚) 夫は前任者と交代で、日本人はひとりだけ。もう一方の会社も、日本人はひと家族だけ。


つまり駐在員は、うちの家族と、その家族だけということになります。他に日本人は、個人で来ている方、ジャイカの方など合わせても、15人だけだと聞きました(^^;


そんな場所なので、物件を紹介してくれる業者はメキシコ人、日本人はいませんでした。しかし、ありがたいことに、プエブラには、移住している日本人がいたのです。その方にお世話になり、どうにかこうにか夫は、メキシコで住む家を見つけることができました。


プエブラの次は、首都のメキシコシティへ引っ越すことになりました。メキシコシティに事務所を立ち上げる、という事での異動。相変わらず日本人は夫ひとりだけ。


メキシコシティの初進出で、なんと、夫は、オフィス探しまですることに…。まったく、会社はムチャクチャなことを言ってきます(-_-;)


仕方がないので、家族が住む家と、オフィス探しをするため、週末になると、メキシコシティまで2時間かけて家探しに行っていました。


プエブラ~メキシコシティは高地で、山を越えます。夜は危なくて走れませんよ~



プエブラと違ってメキシコシティは大都会。治安も更に悪い…。安全第一!で家探しをしました。


私はプエブラでは車を運転していたので、引き続き車生活をするため、それも考えて探していましたよ。


メキシコ生活は3年になり、家探しの大事なポイントも分かり、私も一緒に、自分の目で確かめながら探せたのが良かったです。


だけど、全く知り合いもいない、往復4時間かけての休日の家探しは、かなり大変でしたよ~(◎_◎;)


ホント、よくやるわ!私たち…(^^;

探した家に住んでみて

初めてのメキシコ、プエブラでの生活がスタートしました。どんな家かというと、一軒家タイプで、家族5人でも十分すぎるくらい広く、2台分の駐車スペース、小さい庭には芝生が植えられていました。


これだけだと、凄いお家~(*´▽`*) と思ってしまいますが、そんなことはないのです。


確かに広いんだけど、ここ、メキシコでの、富裕層が住む家の中では、一般的な大きさなのです。


こんな同じような家が6~8軒立ち並ぶ敷地には、ゲートがついていました。セキュリティーのためのゲートです。しかし、ココには門番はいなかったのです。


16年ぶりにプエブラに行ってきました♪ 当時住んでいたところです!懐かしい~(´;ω;`)ウッ…。元我が家は、ゲートが強化?されて、中に入ることができませんでした。


警備員(門番)は、この地区の出入り口にいたんですね。この富裕層が暮らす地区は、と~っても広く、警備は甘く、いても居なくても同じ、誰でも出入り自由!我が家もこの地区の中の一角にありました。


住み始めの頃は、警備員がいるというだけで、少し安心していましたよ。しかも、敷地の出入り口にはゲートがあり、住んでいるものしか出入りできないからね。


しかし、それは甘い考えだったのです。広いこの地区の警備員はただいるだけ、簡単に誰でも通れてしまうのです。さらに、敷地のゲートは、鍵が壊れていて、簡単に部外者が侵入できたのです(-_-;)


このせいで、物騒な事件が起こる羽目となったんです…(-_-;)



セキュリティーはしっかりしていないけど、便利な場所にありましたよ。子供たちの学校が近いし、お店も近いし。それが唯一の救いでしたね(^^)


歩いてすぐの場所にある小さなお店は健在で、16年前よりキレイになっていました(#^^#) 子供たちが駄菓子を買ったり、私はコロナビールを買ったり(笑)、お世話になっていました。



この教訓を生かし、メキシコシティでの生活がスタートしました。

ここでも一軒家タイプを選びました。セキュリティもしっかりしたところで、学校も近い。そして私のお気に入りは、週一回の青空市場が、歩いてすぐの場所にありました♪






新鮮な野菜や果物が安く買えるんです♪ それ以外にも沢山の食材や雑貨もあるんです♪ メキシコのローカルフードの屋台もあるんです♪


市場の人たちと、つたないスペイン語でのやり取りは楽しくて、いろんな勉強になりましたね(#^^#) 私の週一回の楽しみでした♪

警備員のおじさんはとても親切でしたね。子供たちがお菓子を買いに行くたび、それを見守ってくれるのです。


警備室の目の前には小さなお店がありました。時々、子供たちと一緒にお菓子を買いに行ってたんです。日本で、駄菓子屋さんに行くような感覚です。


子供だけで外出することは危険なので、いつも私と一緒でした。すると、警備員のおじさんは、「見ているから大丈夫だ!」と言ってくれて、子供たちだけでもお菓子を買いに行くことが出来たんです(^^)



セキュリティーはしっかりしていて、学校もお店も近くて、私にとっては便利な場所でしたね♪


でもね、夫の会社が少し遠かったのです。自分で探したオフィスとは言え、仕方なかったんですよね。住宅街にオフィスは探せませんからね。


オフィスのある場所は特に治安が悪く、夫は、怖い経験をすることとなってしまいました。ある日の出来事、「やられた、やられた、、、」と声を震わせながら会社から帰ってきたことがありました。


なんと、背中に拳銃を当てられた、というではありませんか(゚д゚)! もう、生きた心地がしなかったそうです。本当に無事でよかった…(^^;

と、こんなビックリ体験、まだまだあるんですよ~(゚д゚)! 詳しくは別記事でお伝えしていますので、ぜひご覧になってくださいね。

メキシコの治安は最悪って本当!?5年間にした7個のトンデモ体験



全部が上手くいくなんて、メキシコではムリな話でした(^^;

おわりに

img_0214


いかがでしたか?
メキシコでの家探しのポイントについてお伝えしました。もう一度まとめてみましょうね(^^)


メキシコでの家探し!大事なポイント3つ!

  1. セキュリティーがしっかりしている。
  2. 生活環境が便利な場所。
  3. 会社、学校に行きやすい場所。



家を探すって、本当に大変なんですよね! ましてやメキシコです(^^; 治安の悪い国だから、安全確保が一番大事なんです!


家探しのポイント3つも、要は、安全な場所という事なんですね。メキシコで安全な場所があるかどうかは別として、安全に暮らす!ということを常に考えなければいけません。


ご家族で駐在する場合、奥様にとっては、一番長くいる場所が家なんですよね。安全で暮らしやすい家を探すことは、メキシコ生活を楽しめることに繋がるんです!


私の海外生活の経験から、家探しって、本当に重要なポイントでしたよ! 楽しめるのも嫌になるのも、家が大きく関わっていたからです。


決めた家が合わなければ、変わればいいのです! また、探せばいいのです!


あなたが快適に過ごせて、楽しいメキシコ生活を送るための、素敵な家が見つかるといいですね(#^^#)


最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m